Selenium vs Mercry

本稿はSelenium Advent Calendar 2013 18日目の記事です

WebのUIを操作できるテスト実行ツールSelenium。その名前の由来は、当時主流だったMercury社製のQuick Test Professionalに対抗してつけられたそうです。Mercuryは水星のほか、水銀という意味もあります。その水銀の中毒に対して有効だったのがセレンでした。この由来は、[Wikipedia]Selenium (software)で紹介されています。Quick Test ProfessionalはMercuryからHPに買収されUFTに名前を変えましたが、どんどん便利になっています。[Wikipedia]HP QuickTest Professional

今回はSeleniumの名前の由来となったMercury(QTP)※とSeleniumのメリット、デメリットを並べてみたい思います。
※現在はHPのUTFですが、私が使用していたものがMercuryのQTP6.5だったので、当時の情報を元に記載しています。

Seleniumのメリット

  • OSSのためツール自体にコストがかからない(人件費除く)
  • 基本はHTMLでノンプログラマにやさしい
  • 利用者が多く、情報がネット上にたくさんある
  • 様々なプラグインが作成されている
  • Web Driverは様々な言語を使用できる
  • 欲しい機能を自作できる

Seleniumのデメリット

  • webしか操作できない
  • TDDやるにもログを出すにもリポジトリ作るにも手間がかかる
  • いろいろやるには結局プログラミングが必須
  • 情報が点在しているので、情弱には辛い
  • ツールに不具合があっても文句が言えない

QTPのメリット

  • Webだけでなく、Java、PHP、Cなど様々なUIを操作できる
  • Excelを読み込ませられるので、Excel中毒の現場に嬉しい
  • DDTが超簡単にできる
  • リポジトリの機能がデフォルトでついている
  • Quality Centerと連携することで複数台同時実行やスケジューリングが可能
  • 画面キャプチャ付きのログが出力されるので、インシデントを確認しやすい
  • サポートをつけるとプロが相談に乗ってくれる

QTPのデメリット

  • (OSSと比べると)とにかく高価
  • 関連ツールも有償
  • サポートも有償
  • 情報がネットにあまり転がっていない
  • 操作対象のオブジェクトを認識させる必要がある
  • ログ容量がサーバーを圧迫するかも(カスタマイズは可能)

有償と無償という致命的な違いがあるので、「どちらがいい」とは言い切れませんし、予算上選択肢が1つしかない場合もあると思いますが、有償ツールには有償ツールのよさがあります。比較して改めて感じるのは、Seleniumはとても優秀で補助ツールもたくさん公開されていますが、情報を集めて適切に使用するのはとても難しいということです。調べたりカスタマイズしたりするのに1か月かかるのであれば、有償ツール1ライセンス買うという選択肢もありかもしれません。見えないコストに惑わされずに活用していきたいところです。

Seleniumを含む、テスト自動化の歴史は、12月1日に開催されたシステムテスト自動化カンファレンス2013のクロージングセッションで、辰巳さんが紹介しています。是非スライドをご覧いただければと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中