会社人として私がやってきたこと 社会人生活2310日※を振り返って

※9年7か月半を1か月20日として換算
この度、2310日を過ごした会社を退職することにいたしました。社会人になった日から9年7か月と半月。流行りにのって退職エントリを書く気はないのですが、先週の退職挨拶で使った資料がまとまりに欠けていたので、ブログにまとめました。なお、20人足らずの小さなソフトハウスで一緒に働いてきた仲間に向けての内容ですので、予めご了承ください。また、退職の理由は事情により公開しません。気になる人は直接聞いてください。

社会人になり、会社に勤めて2310日。その間に得た先輩からの教えと、築いた社会人・会社人としてのモットーをまとめました。急なご報告となりゆっくり話す時間も取れなかったので、ここで伝えられたらと思います。

仕事に対する考え方

    私は、「人生を存分に楽しみたい!」と思っています。仕事をしている時間は1日8時間。その時間も楽しく過ごしたいと思っていますし、1日の3分の1がつまらないなんてもったいないと思います。私にとって楽しく仕事をするというのは、自信を持って仕事をするということ。そのための努力は惜しみません。
    また、会社員である限り、会社の肩書きははずれません。自分がしたことは会社のしたことになるし、他の社員がしたことは自分の会社がしたことになります。責任を持って行動しなければなりません。という能書きは置いておいて、自分が一緒に働く人は誇れる人であってほしいし、自分もそうでありたいと、純粋に思います。だから勉強もするし、フィードバックもするし、コミュニケーションも取ろうと思います。
    すべては、自分の人生を存分に楽しむため。みなさんも、人生楽しんでますか?

仕事を楽しむためにやってきた3つのこと

  • 実務外の活動を有効活用する
    実務の他に、WGという活動があります。会社からの依頼を受け、チームを作って取り組むのですが、その際1番大事だと思うことは、「活動であって作業ではない」ということです。会社が提示する依頼は、もしかしたら「作業」かもしれません。作業は、ある程度の知識や経験があればこなすことができるかもしれません。しかし私たちは、会社を構成する1メンバーです。何のためにそれをしようとしているのか、意識を合わせて取り組む必要があります。そして、異論があったら意見を出すべきです。自分の所属する会社がより良くなるよう、積極的に対応すべきだと思います。
    また、依頼の意図を把握し、計画を立て、実行することはプロジェクトの遂行となんら変わりません。しかしお客様が直結する実務とは違い、多少うまくいかなくても大きな損失には繋がりません。厚いサポートが付き、失敗しても許される場があるということは幸せだと思います。存分に活用し、実務へ生かしてほしいと思います。
  • 幹事を積極的に引き受ける
    幹事という仕事はとても面倒な仕事です。いろんな人の予定を調整し、好みを聞きだし、円滑に物事が進むように導かなければなりません。私たちの仕事や生活には、コミュニケーションが欠かせませんから、そういった役割が必要になります。これは仕事だけでなく、私生活でも役に立つ能力です。積極的に引き受けることをお薦めします。
    会社でイベント事が必要なのは、強いチームを作るためだと思っています。強いチームを作るためには、チームのメンバーが互いを信頼できる必要があります。まず、お互いを知らないと信頼もできません。幹事に求められることは、「お互いを知るためのきっかけを作る」ことだと思います。
    イベントの幹事する機会があったら、どうしたら相手のことを引き出すことができるか、どうしたら自分のことを伝えることができるかを考えます。ただしいろんな人がいますから、妥協は必要です。10人中8人が喜べば充分です。準備は大変ですが、幹事チームを作り、協力し合って盛り上げましょう。敢えて苦労をする(面倒くさい準備をする)ことで絆が深まることも多いです。IT技術者は効率を優先する傾向がありますが、そのイベントの目的が何かを忘れないようにしましょう。
  • 会社の外と繋がる
    入社して7年ほどぬるま湯状態で過ごしていましたが、やりたいことを見つけ、社外での勉強会に参加するようになりました。外に出てわかったことは、「これまでの私は井の中の蛙だった」ということでした。1度出てしまうと急に世界が開け、たくさんの繋がりができました。IT業界では、会社の枠を超えて有志が集まり、情報や知識を共有したり深めるための場が毎日のように開かれています。そういう場にいる人たちは、常に前のめりで熱意に満ち溢れています。いい仕事をするために自分を磨き、技術を作る人たちはとてもカッコいいですし、私もそうなりたいと思います。事例発表を聞けば、他のプロジェクトではどのように問題を解決しているのか知ることができます。組織の在り方や考え方をアウトプットしている方もたくさんいます。外には、ヒントがたくさん転がっているのです。活用しない手はありません。
    それに、私たちのいる業界は、常に進化し続けています。現状を維持するためには、常に進化し続けなければならないのです。自分が「井の中の蛙」や「お山の大将」になっていないかを確認するためにも、常に外との繋がりを保つ必要があると感じています。
    初めは気後れするかもしれませんが、最初の一歩を踏み出すためのイベント(チュートリアルなど)もたくさんあります。先に出ている私のような人を踏み台に使うのも1つの手段です。

最後に

      会社に入社してから、仲間と共に過ごしはじめてから、何日が経ちましたか?5年後、あなたは、会社は、どうなっていたいですか?半年や1年ごとに棚卸をし、是非、仲間同士で共有しあい、影響しあい、強いチーム・会社を築いていってほしいと思います。
      その輪から外れる決断をしたことは、私自身、非常に残念で悔しい気持ちでいっぱいです。新天地でもみんなに負けないよう、頑張りたいと思っていますので、会社は離れますが、これからも切磋琢磨できる関係であり続けられたらと思います。
      今度会うときは、お互いの5年後について語り合いましょう。また逢う日まで!
    広告

ISO/ICE/IEEE29119勉強会

1月9日にISO/ICE/IEEE29119勉強会が開催されました。
飲み会と会議とトリプルブッキングして参加できなかったのですが、勉強会の様子がUSTに上がってます。

Video streaming by Ustream

Video streaming by Ustream

ISO/ICE/IEEE29119
ソフトウェアテストの国際規格です。
今まで全く縁がなく、雲の上どころか宇宙のような世界だと思っていましたが、身近に勉強会を開催してくださる方がいらっしゃって大変ありがたい限りです。何故か私、パート5に深く関わる機会をいただき、「いったいこの1年半で何が起きた?!」と改めて自問自答したい状況なので、概要だけでも把握しておきたいと思います。

聴講中なので、取り急ぎブックマーク。

社員旅行幹事の手引き

小規模とは言えど、社員旅行の幹事というのはとても大変です。かつての経験をもとに、社員旅行幹事の手引きを作成しました。まさに今、幹事を引き受けたもののハプニングの連続で滅入っている、旅行不慣れなセンパイ殿に贈ります。

※社員30名、大半が客先常駐している社員が中心のソフトハウスでのお話です。

  1. 予算を決める
    積み立てている場合、会社が全額支給する場合、集金する場合など様々あると思います。事情に合わせて予算を決めましょう。すでに全社員から集めたお金を使用する場合は、参加できなかった人への対応も決めておくとよいでしょう。行きたくない人はいいのですが、家庭や仕事の都合で参加を断念する方もいるかもしれません。私が感じをやったときは、参加できなかった人へ、旅行の1/4程度の金額のお土産を用意しました。
  2. 候補地と日数を決める
    海外か国内か、飛行機か新幹線か、はたまたバスか、ローカル線で行ける範囲かを決めます。それによって大きく日数も変わりますし、準備も変わってきます。あまりに何も決まっていない、決められない場合は、社員にアンケートをとってもいいでしょう。ここでは、国内旅行(1泊~2泊)とし、続けます。
  3. 日にちを決める
    平日を含む場合は特に、会社の協力が必要です。ここはトップダウンで、早めに決めてしまいましょう。予約や社員の日程調整もありますから、早くても2か月より先の日程にします。
  4. 場所を決める
    1の時点で具体的な場所まで決まっていない場合、行先を決めます。いくつか候補を上げて、アンケートを取るとよいでしょう。その際、幹事特権で、自分の行きたい場所を優先して候補地を提示するのは構いませんしお勧めしますが、独断で決めてしまうのはお勧めしません。社員の参加を促すためにも、行き先はみんなで決めましょう。
  5. 宿泊先や交通手段を手配する
    ホテル+飛行機といったパックツアーを利用するとよいでしょう。人数が10名以上になる場合には、部屋割りや座席などの手配が手間になりますので、旅行会社に相談しお任せすると楽です。健保で旅行ツアーが用意されている場合は、そちらを使うとお得に利用できます。私が所属しているITSでは、様々な旅行会社と提携しているので選択肢も広く、補助金も出るのでよく利用します。保険も適用されるので、安心です。保険証番号など、補助金申請に必要な書類がありますが、事務さんに協力をお願いします。
    また、男女の人数を考慮し、部屋を手配することを忘れないようにします。基本的にツイン以上の部屋になると思いますが、シングルに優遇する必要がある人がいるかどうかも確認しておきましょう。
  6. ツアーの内容を決める
    パックツアーは基本的に、宿泊と交通のみで、それ以外の行動は自由になります。社員の自主性を重んじて自由行動の時間とするもよし、観光案内や体験などのオリジナルツアーを用意するもよしです。一から十まで企画するのは大変ですので、お勧めするのは、2泊3日であれば夕飯1食と2日目の昼間をみんなで、残りを自由行動など、半々に用意するというものです。オリジナルツアーは、社内で幹事を募って、プランニングしてもらうという方法もあります。
  7. 夕飯を手配する
    温泉旅行であれば旅館でよいですが、夕食のついていないホテルの場合、全員で食事ができる会場を手配します。手配の仕方は、飲み会の予約となんら変わりません。せっかくですから、地のものを楽しめるお店を探すとよいでしょう。その際、参加者にアレルギーがないかだけは注意しましょう。
  8. ホテルの部屋割りを決める
    弊社のように規模の小さい会社は、じゃんけんで決めるとかくじで決めるとかでよいと思います。私は社員の人間関係まで世話をする必要はない派です。何か問題があったら、当人同士がなんとかしてくれるでしょう。
  9. 集合場所、当日の連絡先を決める
    空港やターミナル駅はとても広く、不慣れな人は間違いなく迷います。事前に下調べをし、集合場所を決定しておきましょう。また、当日に連絡のつく連絡先を予め周知しておきます。
  10. しおりを作成し、展開する
    仰々しいしおりである必要はありません。テキストベースで構わないので、日程、待ち合わせ場所、連絡先、持ち物をまとめて展開します。日程には、宿泊先や新幹線の発車時刻、夕食の会場も記載しておきます。予め展開しておくことで、アクシデントがあった場合に、各自でリカバリができるようにしておきます。
    自由行動の時間がある場合、簡単に現地の観光案内もつけると親切です。
  11. チケットを配布する
    新幹線や飛行機のチケットは事前に配布しておくとよいでしょう。そうすることで、万が一遅刻する人が出ても、その人だけでリカバリがききます。紛失や忘れ物には要注意ですが、自己責任で。
  12. 参加者の連絡先を入手する
    幹事として、参加者の連絡先は事前に押さえておきましょう。旅行にアクシデントはつきものです。待ち合わせ場所にいない人にすぐに連絡がつくように準備しておくことが大切です。
  13. リマインドを送る
    社内で顔を合わせているメンバーであれば口頭で問題ありませんが、客先常駐などで顔を合わせる機会の少ないメンバーが多い場合、旅行の前々日、前日あたりに、リマインドメールを送信しましょう。不安だったら電話をしましょう。ドタキャンされるのが一番迷惑です。事前の手間が当日の仕事を減らします。
  14. 当日
    要所要所で点呼を取り、問題が起きていないか確認をします。事前に決めたスケジュールに従って行動します。とはいえ、ハプニングはつきもの。臨機応変に対応します。そして大切なのは、自分も充分に楽しむこと。気を使いすぎてしまうようであれば、社員に協力を仰ぎ、負担を減らします。

後日談
中止基準を作っておいた方がいいですね…当日、未曽有の大雪に見舞われ、ドタキャン1件、遅刻3件(新幹線の切符を予め配布していたので、現地で合流できました)。予定より1時間早く出て、びしょびしょどろどろで参加した社員はもはや「ニュータイプの社畜」でありました。楽しかったですけどね。

Selenium vs Mercry

本稿はSelenium Advent Calendar 2013 18日目の記事です

WebのUIを操作できるテスト実行ツールSelenium。その名前の由来は、当時主流だったMercury社製のQuick Test Professionalに対抗してつけられたそうです。Mercuryは水星のほか、水銀という意味もあります。その水銀の中毒に対して有効だったのがセレンでした。この由来は、[Wikipedia]Selenium (software)で紹介されています。Quick Test ProfessionalはMercuryからHPに買収されUFTに名前を変えましたが、どんどん便利になっています。[Wikipedia]HP QuickTest Professional

今回はSeleniumの名前の由来となったMercury(QTP)※とSeleniumのメリット、デメリットを並べてみたい思います。
※現在はHPのUTFですが、私が使用していたものがMercuryのQTP6.5だったので、当時の情報を元に記載しています。

Seleniumのメリット

  • OSSのためツール自体にコストがかからない(人件費除く)
  • 基本はHTMLでノンプログラマにやさしい
  • 利用者が多く、情報がネット上にたくさんある
  • 様々なプラグインが作成されている
  • Web Driverは様々な言語を使用できる
  • 欲しい機能を自作できる

Seleniumのデメリット

  • webしか操作できない
  • TDDやるにもログを出すにもリポジトリ作るにも手間がかかる
  • いろいろやるには結局プログラミングが必須
  • 情報が点在しているので、情弱には辛い
  • ツールに不具合があっても文句が言えない

QTPのメリット

  • Webだけでなく、Java、PHP、Cなど様々なUIを操作できる
  • Excelを読み込ませられるので、Excel中毒の現場に嬉しい
  • DDTが超簡単にできる
  • リポジトリの機能がデフォルトでついている
  • Quality Centerと連携することで複数台同時実行やスケジューリングが可能
  • 画面キャプチャ付きのログが出力されるので、インシデントを確認しやすい
  • サポートをつけるとプロが相談に乗ってくれる

QTPのデメリット

  • (OSSと比べると)とにかく高価
  • 関連ツールも有償
  • サポートも有償
  • 情報がネットにあまり転がっていない
  • 操作対象のオブジェクトを認識させる必要がある
  • ログ容量がサーバーを圧迫するかも(カスタマイズは可能)

有償と無償という致命的な違いがあるので、「どちらがいい」とは言い切れませんし、予算上選択肢が1つしかない場合もあると思いますが、有償ツールには有償ツールのよさがあります。比較して改めて感じるのは、Seleniumはとても優秀で補助ツールもたくさん公開されていますが、情報を集めて適切に使用するのはとても難しいということです。調べたりカスタマイズしたりするのに1か月かかるのであれば、有償ツール1ライセンス買うという選択肢もありかもしれません。見えないコストに惑わされずに活用していきたいところです。

Seleniumを含む、テスト自動化の歴史は、12月1日に開催されたシステムテスト自動化カンファレンス2013のクロージングセッションで、辰巳さんが紹介しています。是非スライドをご覧いただければと思います。

YWTで振り返るWACATE2013冬

2013年12月14日(土)~15日(日)に開催されたWACATE2013冬に参加してきました!

WACATE2013 冬 ~それにしても、テストは広大だわ~ 開催概要
WACATE2013冬 #wacate2013w

各セッションのレポートは追々…?ということにして、セッション7「そのテスト、再考~R~」で行った、YWTによるWACATEの振り返りを公開します。セッション内のワークでは時間が足りなかったので帰ってから少し足しましたが、全セッションを網羅しているわけではありませんので悪しからず。
なお、YWTは「Y:やったこと」「W:わかったこと」「T:次にやること」を書き出す振り返りの手法だそうです。名前は知っていましたがやったのは初めて。こういう手法も学べるのがWACATEのいいところの一つだと思います。東海で開催される勉強会では、参加者同士で回しながら書き込む手法(ぐるぐるYWT…というのでしょうか?)を使うそうですが、ワークショップ内では時間がなかったのでやめました。いつか挑戦してみたいところです。

Y W T
  • モデルベースドテストについて学んだ
  • モデルベースドテストをするにはモデルが必要
  • テストエンジニアも描けた方がよい
  • ULM描けるようになる!…書籍からかな。。
  • 伝えるためにできることについて学んだ
  • 相手の考えや背景を考慮することが大事
  • 伝えたいことを明確にする
  • 自分が理解できていないと伝えられない
  • 相手のことを確認する時間を設ける
  • 伝えたいことを伝えられるレベルまで理解を深める
  • やってできないこともなかったから、とにかく伝える機会を増やす
  • いろんな体系や組織を知った
  • 世の中には様々な経験や知見に基づいたいろんな体系がある
  • オレオレのやり方をするより断然効率が良い
  • まずはSQuBOKを買う!(がしかし最新が出てほしいので迷う)
  • 分科会:WACATE Before/Afterのトーカー
  • いろんな人の話を纏める技術って大事
  • 臨機応変に対応することも大事
  • 分科会の事前準備や挑む姿勢のありかた
  • 聞きながら話しながらマインドマップで即座に纏める技術を少しずつ盗む
  • その場で対応も必要だけどリスクを事前に予測しておくとよい
  • テスト技法だけじゃなくマネジメント含めいろんな手法を身につけたい
  • 次々回までにオーナーやりたい
  • いろんな人と話すよう心掛けた
  • 初参加者や繋がりの薄かった方と話すには、繋がりの強いよく会える方々から離れるようにすればよい
  • 苦手分野や未経験ゾーンの話になると困ってしまった
  • お互いのためにならないなら離席もあり、無理しない
  • 架け橋にならなくても各自が解決できちゃうのがWACATE、見守る
  • 勝手にWACATE親善大使をやった
  • 私が初参加したときと同じようなきっかけで参加した方が結構いる
  • 親善大使継続
  • 自分の経緯を改めてまとめておきたい
  • そもそもWACATE申込み前に満員御礼の札が上がって青ざめた
  • 半べそかきながら「キャンセル待ち」のお願いメールを出した
  • 締め切り駆動は締め切りが明確な場合のみ有効
  • 熱意は伝わる
  • リスクマネジメントをしましょう

「T:次にやること」はもっと明確にすべきなのだろうけれど、反省とか期待とかになっちゃいました。この中で直近でできることは…「UML描けるようになる」と「自分の経緯をまとめておきたい」かな。前者は業界の常識なのだと薄々思ってはいたものの、手を付けていなかった(そして実際に困っている)技術なので、挑戦したいと思います。後者は言わずもがな。それだけではなく、もっとアウトプット増やしたいです。勉強し始めてからは勿論、する前もそれなりに価値はあったのだから。

今回が4回目の参加、すなわち、外に出て勉強をし始めて1年半が経ちました。上記YWTにあるようにまだまだ未熟ではありますが、2日間通して、自分の考え方や動き方、知識が、初めよりずいぶん変わったなと感じました。そして相変わらず、とーーーーーっても楽しかったです!WACATEファンがもっともっと増えますように。
実行委員のみなさん、講演していただいた鷲崎先生、そして参加されたすべてのみなさん、大変有意義な時間を過ごすことができました。ありがとうございました。また近いうちにお会いしましょう~~!!